jimi-bass

地味なバス釣り釣行記

将監川

今日は、久しぶりに将監川へ。

張り切って、4:30ごろエントリー。

f:id:jimi-bass:20170515214152j:plain

 

水位の変化がある川ですが、今日は水位高めです。
水は、相変わらず汚いなぁ。

 

将監特有の突き出した枝や竹の隙間に
丁寧にピッチングしていきます。

f:id:jimi-bass:20170515215516j:plain

 

 

が、・・・おらん。全然おらん。
沖では跳ねる音が聞こえるのだが、カバーは生命感ゼロ。

 

途中でカヤックのお兄さんと話したところ
渋いなりに2匹上げてるとのこと。
ご丁寧に釣ったポイントまで教えてくれた。

その後も色々なワームに変えながら
ネチネチとピッチングするもアタリ一切なし。

 

時計を見るともう11時。
Uターンのために対岸へ。
やばい、ズーボーの予感MAX。

 

植物の際や、木の根元などそれらしい箇所に
投げ込んでいると、ようやく待望のバイト。
なんとかボウズだけは回避。

f:id:jimi-bass:20170515215437j:plain

 

その後も、対岸を流していると、
どこからか12:00を知らせる音楽が。

もはや釣れる気もなく
帰る気満々で急ぎながら進むと、
カヤックのお兄さんが教えてくれた〇〇ポイントが出現。

 

バスは変化を好むといいますが、
まぁ、こりゃ「あからさまな変化」だなぁ。

さっそく二股に分かれた木の間にスモラバ投入。
しかし、ややミスキャスト。
すると水面から、デカイ顔が現れてワームを引ったくる。
慌ててフッキングするも、痛恨の木化け・・・

カヤック兄さんが言っていたことは
本当だった・・・

あきらかに居つきのバスで、
上から落ちてくるエサ待ちのように見えたので
ワームをドライブクローにチェンジ。

f:id:jimi-bass:20170515221312j:plain



3分ほど場を静めてから再トライ。
今度はきれいに入って、ググッと重いバイト。
予想通り、また喰ってきました。

f:id:jimi-bass:20170515221434j:plain

f:id:jimi-bass:20170515221508j:plain

 

45cmに届かないぐらいかなぁ。

いやー、まさかエントリー場所から
こんな近い場所に居たなんて。
今までの8時間は何だったんだ・・・

 

カヤックのお兄さんに感謝。
これ釣れて無かったら、かなり凹んでました。

f:id:jimi-bass:20170515222423j:plain

 

釣果 :2匹
サイズ:28、44cm
ルアー:
ユナイデッドジグ1/8oz+スタッガー3
BFカバージグ4.5g+ドライブクロー3

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

広告を非表示にする