jimi-bass

地味なバス釣り釣行記

小貝川

本日は、A氏、H氏と小貝川へ。

エントリー場所を探し求めているうちに、
すっかり夜が明けてしまいました。
実際に入水したのは6:40ぐらいかな。

A氏&H氏(この時点では陽気だったが・・・)
f:id:jimi-bass:20161009214855j:plain

 

ところが最終的に決めた用水路が最悪のヘドロ底。
足が嵌ってフローターが進まない。
おまけに、進みたびに超臭い。
f:id:jimi-bass:20161009215008j:plain


本流に出た頃には、すっかり疲れてしまいました。

やっとのことで本流に辿り着くと、
今度は流れが早すぎる。
浮輪がどんどん流されます。
f:id:jimi-bass:20161009215114j:plain

 

f:id:jimi-bass:20161009215727j:plain

 

昨日に引き続きブラッシュホッグでいく予定でしたが、
じっくりとテキサスやってる暇がない。
しかも根掛かりしても、浮輪は止まれないので
ロッドが折れそうになりました。


そんな中、アグレッシブに先陣を切って流されている
H氏に、突然のヒット!
何もない川のド真ん中、しかもラバージグで釣ってるし。


H氏のヒットを見て活性があがった管理人は
ヤマセン+グライダーシンカーに変更。
川の流れの中で游がす戦法に。
すると間もなく30センチがヒット。
f:id:jimi-bass:20161009215233j:plain

 

その後、同サイズを追加。
f:id:jimi-bass:20161009215303j:plain

 

そして、この川では珍しい
流れのないワンドに到着。
f:id:jimi-bass:20161009215421j:plain


ここで35センチを連チャンで3本追加。
小貝のバスは、良い引きしますね。

f:id:jimi-bass:20161009215516j:plain

f:id:jimi-bass:20161009215538j:plain

f:id:jimi-bass:20161009215557j:plain

 

結局、5本あげたところで前半の部終了。
f:id:jimi-bass:20161009215702j:plain

 

 

昼食後、先ほどの場所より下流側に移動し
第二部の開始です。
f:id:jimi-bass:20161009220048j:plain


この辺りは、テトラやブッシュなど
良さそうな雰囲気のポイントが多かったのですが
流れが速いため、じっくり攻めれません。

f:id:jimi-bass:20161009220128j:plain

f:id:jimi-bass:20161009220152j:plain

各人、テトラにしがみついたり
ウェーディング状態になったりと、
抵抗を試みますが釣果は全員子バスのみ。

 

管理人も3匹マメを追加しただけでした。

f:id:jimi-bass:20161009220303j:plain

f:id:jimi-bass:20161009220320j:plain

f:id:jimi-bass:20161009220351j:plain

 

まぁ、そんな感じの小貝川釣行でしたが、
初めてのポイントだけあって新鮮味を感じつつも、
結構体力勝負の釣行でした。
情報を教えてくれたH氏、ありがとう。

 

釣果 :8匹
サイズ:30、30、35、35、35、25、20、25cm
ルアー:グライダーシンカー3.9g+センコー4

 

広告を非表示にする